入居審査のときに利用されることもある!?アリバイ会社のことを初心者に分かりやすく解説

このサイトでは、賃貸契約を結ぶ時に利用されることのあるアリバイ会社について詳しく解説しています。
これまでに聞いたことがない人はどのようなサービスを提供しているかも把握できていない状態ですので、まずは基本的な知識を身につけることが大切です。
具体的なサービスとして在籍確認に対応していることも多いですし、各種書類も用意してくれますが、きちんと内容を知らないと上手に活用できないため、ある程度の知識を身につけてから依頼しましょう。

入居審査のときに利用されることもある!?アリバイ会社のことを初心者に分かりやすく解説

アリバイ会社を利用して入居審査に通過したいという場合、まずは基本的なこととして料金面を押さえる必要があります。
初回登録料とサービス料金がかかり、サービス料金は契約する日数によって決められています。
あらかじめアリバイ会社が用意した会社に在籍しているように各種書類が作成されますので、それらを提出して審査に通過するという流れです。
審査の一環として在籍確認が行われることもありますが、それも想定済みですので上手く対応してくれます。

アリバイ会社とは何か?違法性はない?

アリバイ会社は近年とても増えていて、よく利用されるのが賃貸契約を結ぶ時です。
安定した職についているのなら虚偽の申告をする必要はありませんが、正社員でなかったり、そのタイミングでちょうど失職しているようなケースでは、契約時を乗り切るためにアリバイ会社を利用する人もいます。
ただし、違法性がないわけではありませんので、虚偽の申告をしたことがオーナーに知られないように、その後の行動は慎重にしなければなりません。
何に気を付ければ良いのかというと、審査に通過して入居し始めてからばれてしまうのは家賃の支払いが遅れたりストップしてしまった時ですので、きちんと遅れないように支払い続ける必要があります。
最初から家賃を払うのが難しいケースでは入居後すぐにばれてしまう可能性もあり、アリバイ会社の利用はお勧めできません。
支払い能力に問題がないのに入居時の審査に引っかかってしまいそうだというケースでは、とても役に立ちます。

アリバイ会社でアリバイ対策に利用する企業は実在している?

アリバイ会社で用意される会社はどこもペーパーカンパニーで実態がないと思い込んでいる人も多いのですが、実は探してみると実際に営業しているところもあります。
法人登記がされているだけのペーパーカンパニーの他にも、帝国データバンクや東京商工リサーチに登録されている本格的な会社を利用することもでき、実在している会社の社員として申告することも可能です。
どのようなサービスを提供するアリバイ会社なのかを調べてからでないと、このような対応ができるかが分かりませんが、要望を伝えることで可能かどうかを教えてくれますので、事前にしっかりとチェックしましょう。
実在している会社を利用できるのなら、様々な契約を結ぶ際にも安心です。
社会的にも信用があり、信頼度が高くなります。
格安のサービスを提供している場合には、その多くはペーパーカンパニーとなっていて、法人登記がされているだけのことが多いようです。
詳しく調べないケースでは、それで十分です。

アリバイ会社を利用するときのポイントを知ろう

何らかの契約を結ぶ際に自らの社会的な信用では審査に通過できないことが予測される場合、アリバイ会社を利用する方法があります。
利用すること自体は決して珍しくはなくなっていますが、実際に使ったことがないとどのような仕組みになっているのかが分かりませんので、まずはいくつかのポイントを理解する必要があります。
基本的なこととして、アリバイ会社では用意した会社に利用者が勤めてるように見せてくれますので、失業中であっても審査に通過することが可能です。
サービスを受けるためには初回登録料とサービス料金を支払う必要があり、サービス料金は日数によって異なります。
ペーパカンパニーであることも多いですが、中には東京商工リサーチに登録されているような本格的な会社もあり、見抜くのは困難です。
見抜くことが難しいために審査にはほとんどが通過できますが、その後に支払いが滞ったりすればばれてしまう可能性もあるため、慎重に利用しなければなりません。

安心して利用できるアリバイ会社は公的書類の作成はやらない

安心して利用できるアリバイ会社ですが、公的書類の作成はやらないという特徴があります。
この意味はだいたい分かるでしょうが、それは公文書偽造という明確な犯罪行為になってしまい、言い逃れの余地がありません。
一方で私企業であれば、その会社が認めさえすれば別に第三者がとやかく言う筋合いのものではない書類はいくらでもあります。
例えば社員証などはその代表的なもので、普通は言うまでもなくその会社の社員に対して発行するものですが、会社が認めさえすればその他の人に対して例外的に発行したところで、別に法律違反などになることはありません。
安心して利用できるアリバイ会社はこの区別がはっきりと分かっており、言い逃れのできない犯罪行為はしないというか、できないと明言します。
あくまでも私企業ができる範囲内で、クライアントの便宜を図るようになっていることが特徴で、会社が認めているのだから第三者に文句を言われる筋のものではないということです。

アリバイ会社は収入・勤務先・雇用形態などを偽装するサービスを提供

アリバイ会社は、収入・勤務先・雇用形態などを偽装するサービスを提供しています。
世の中ではこれらの要素が問題になるシーンが数多くあります。
例えば賃貸住宅を借りようとする場合、クレジットカードや消費者金融に申し込もうとする場合など、申込書にはまず間違いなく年収・勤務先・雇用区分を記載する欄があるはずです。
アリバイ会社は全く架空の存在と思われるかもしれませんが、そのようなケースもあるかもしれませんが実体ある会社のことも多く、あくまで仮の話として、自分がごく一時的にその会社に雇用され、社員となるようなことはそれほどあり得ない話ではないでしょう。
ごく短期間のみそのような身分を得たとして、その身分に基づく収入・勤務先・雇用形態などを証明してもらった場合に、100%完全に嘘かと言われると返答に困ることもあるわけです。
このようなある意味で盲点を突くようなやり方で非常にうまく偽装していたりすることもあります。

アリバイ会社にはリスクがあることを理解しなければならない

賃貸契約を結びたい時等にちょうど職を失っていて、何らかの方法で職に就いていることを証明しなければならない場合、アリバイ会社を利用する方法もあります。
一昔前はこのようなサービスはほとんど見られませんでしたが、最近では多くの人が利用するようになっていますので、気軽に使っても良いものだと勘違いしている人も多いようです。
アリバイ会社を利用するのにはリスクもあり、万が一虚偽の申告をしていることが知られてしまえば契約は無効になります。
借りている部屋も追い出される可能性があり、後々困ったことになるかもしれません。
ただし、実際にアリバイ会社を利用していても見抜くのは非常に困難で、大抵は見抜くことができずにそのまま通過してしまいますので、万が一利用することになったらばれないようにきちんと支払いを続けることが大切です。
ばれてしまうケースとして、家賃の支払いが滞って調査が入ることが挙げられます。
問題が発生しなければ、そのまま過ごしてしまうことがほとんどです。

アリバイ会社を使わなくてもカードローン審査に通過するコツ

カードローンは短時間で融資を得られるとても便利なサービスですが、申し込みをすれば誰もが融資を受けられるわけではありません。
まず、お金を貸す側としても必ず返済してもらう必要がありますので、安定した収入があることは欠かせない要素です。
何等かの理由で、現在は無職という場合は審査にクリアすることは難しいといえるでしょう。
そこで、アリバイ会社を利用して、安定した収入を得ているように見せかけて申し込みをする人もいます。
在籍確認もアリバイ会社が対応してくれるので、在籍確認での心配もなくなります。
とはいえ、アリバイ会社を使うのには抵抗があるという人も少なくありません。
まず、正社員でなければカードローンを利用できないというわけではありません。
派遣会社に登録するという方法もありますし、アルバイドやパートでも収入の範囲内で融資を受けることができます。
年収が少ない、勤続年数が短いとなると、限度額が減らされる可能性はありますので、そのことは理解しておきましょう。

アリバイ会社を利用する際の費用について

アリバイ会社は収入や社会的地位を偽装する目的でペーパーカンパニーを作り、その会社に勤務しているように見せかけた書類を作成する会社です。
賃貸契約や融資に関する審査など、安定した収入や社会的な地位が重要視される状況で利用される傾向にあります。
アリバイ会社を利用する費用については一概に言い切ることはできませんが、基本的に利用日数が長くなるほど高額になります。
賃貸契約向けに職業を偽るサービスを扱うアリバイ会社の場合、90日間の利用で約1万5千円です。
会社の在籍証明書や源泉徴収票など、必要な書類に記載する日付や在籍日数などは利用日数に準ずるのが一般的です。
そのため、書類に信ぴょう性を持たせる意味で長期間の日数契約を結ぶケースが多数になっています。
また、会社のホームページに氏名を記載する、電話の応対を行うなどより信ぴょう性を増すサービスを提供する所も珍しくありません。
オプション契約扱いであり、数千円から数万円ほどの追加費用になりますが、身元を偽る際には便利と言えるでしょう。

アリバイ会社の利用は詐欺罪に問われるリスクもある?

本来入居時等の審査で虚偽の申告をすることは詐欺罪にあたる可能性があり、アリバイ会社を利用することで罪の問われる可能性もあることを理解しなければなりません。
契約を結ぶにあたり実態のない勤務証明書や架空の源泉徴収票を提出しており、申告した収入も事実ではないため、オーナーから見るとだまされたということになります。
アリバイ会社は最近利用されるケースが増えており、気軽に使ってしまう人も多いのですが、その後の依頼者の行動次第ではすぐにばれてしまって、せっかく賃貸契約を結んだ部屋を追い出されてしまう可能性も少なくありません。
重要なのは契約を結んだ後にきちんと支払いを続けることであり、たとえ真実を申告していたとしても支払いが滞ればオーナー側は何らかの対応をしなければなりませんので、入居前に支払いが滞らないようにきちんと計画を立てることが大切です。
本来なら虚偽の申告は避ける必要があるため、やむを得ない場合にのみ利用しましょう。

アリバイ会社に関する情報サイト
アリバイ会社って何?

このサイトでは、賃貸契約を結ぶ時に利用されることのあるアリバイ会社について詳しく解説しています。これまでに聞いたことがない人はどのようなサービスを提供しているかも把握できていない状態ですので、まずは基本的な知識を身につけることが大切です。具体的なサービスとして在籍確認に対応していることも多いですし、各種書類も用意してくれますが、きちんと内容を知らないと上手に活用できないため、ある程度の知識を身につけてから依頼しましょう。

Search